ヘアケアとシャンプー選び

 

シャンプーはどれを選べば髪の悩みがなくなる?

当ブログは、わたしが愛用しているシャンプー、特にアミノ酸シャンプーについてまとめています。きちんとヘアケアするだけで髪はずいぶんとキレイに健康になりました。
ヘアケアといっても、自分にあう皮脂をとりすぎないシャンプーを選ぶだけなので簡単ですよ。
シャンプーは洗浄剤で選ばないとだめです!


以下に挙げる成分は、高級アルコール系、石油系、硫酸系と呼ばれて一般的に手に入れやすいシャンプーです。
・ラウリル硫酸Na

・ラウリル硫酸アンモニウム

・ラウリル硫酸TEA

・ラウレス硫酸Na(ポリオキシエチエレンラウリルエーテル硫酸Na)

・ラウレス硫酸アンモニウム

・ラウレス硫酸TEA


結構洗浄力が高い洗浄剤が含まれています。皮脂を取りすぎて頭皮が乾燥する原因になってしまいます。これらの成分で顔を洗うことはないですよね?頭皮だっておなじ皮膚なのに、どうしてシャンプーには気をつかわずに強い洗浄剤をつかうんでしょう?


髪の毛はほとんどがたんぱく質で出来ているので、同じ成分アミノ酸系のシャンプーで洗うのが最も適しているといわれています。アミノ酸シャンプーの短所は洗浄力が弱いことと言われますが、よほど皮脂が過剰でなければアミノ酸シャンプーがイイと思います。


アミノ酸シャンプーの成分はというと・・・
・ラウロイルサルコシンTEA

・ラウロイルアスパラギン酸Na

・ラウロイルメチルアラニンNa

・ココイルメチルアラニンTEA

・ラウロイルグルタミン酸Na

・ココイルグルタミン酸TEA

・ココイルグリシンK
こんな感じで、文字だけみると見分けがつきませんよね。実際、アミノ酸シャンプーと書いてあっても硫酸系の洗浄剤を使っているものもあります。成分の最初に来るのが「水」その次にくるのが主となる洗浄剤なのでココを注意してみることが大切です。


洗浄力の強いシャンプーを毎日使っていると皮脂をとりすぎることでフケや痒みの原因、髪や頭皮のトラブルになる可能性もあります。

 


また、石鹸シャンプーというのもあります。石鹸が最も安全性が高いと思われがちですが、石鹸も界面活性剤の一種ですし、弱アルカリ性で髪の毛を洗うには適していません。皮脂を取る力も強いので洗っているとキシキシきしむので摩擦による刺激で髪は傷んでしまいます。


健康な痛みのない髪なら石鹸シャンプーでも構わないでしょうが、いまはカラーやパーマ、縮毛矯正、ヘアアイロンと髪に傷むことをしている人は多いのではないでしょうか?


髪が痛んでいるのであれば、これ以上、刺激を受けないようにシャンプーは低刺激のものを使い、傷んだ髪を補修する成分が配合されているトリートメントを使うのがベストだと思います。


傷んだ髪はもとに戻りません。爪が割れたら自然と元に戻ることがないように髪も同じ。傷んだものを健康な髪にすることはできません。あくまでも修復してキレイに見せることしかできないのです。


新しく生えてくる髪は健康にしてあげたいですよね?ですからいいシャンプーを使うことは必須です。毎日シャンプーするものがスーパーで売っている安価で強い洗浄力のあるシャンプーなんていけません。

 

参考:

花王ヘアケアサイト

アミノ酸シャンプーおすすめランキング